連帯債務とは

連帯債務という言葉を聞いたことはあるでしょうか?これも借金に関連した法律用語です。言葉のニュアンスから、なんとなく想像がつくと思います。

借金をした場合の実際の借りた主をいうようです。しかも一人だけではありません。

同じ契約内容に対して、複数の人間が同等の義務を負うのです。借金の分割という意味ではありません。

たとえば、1000万円の借金をしたとします。10人の人間が連帯債務を負ったとして、1000万円の返済をこの10人の連帯債務者の一人一人に、同じように請求できるということです。

したがって、もしも10人のうちの一人が1000万円を全額返済できた場合、ほかの9人は返済義務から解放されることになります。

連帯保証人のように他人の借金を肩代わりするというのとは意味がちがいますね。

自分たちで借りたお金ですから、返済を要求されたとしても納得はいくはずです。


ただ、10人のうちだれか一人が全額返済しない限り、次々とほかの9人に請求がいくという意味では、結局は同じことかもしれません。


連帯保証という場合、ケースによっては自分の知らないところで勝手に連帯保証人にされてしまっていたというのもあるように、必ずしも保証人自身の意思表示は必要ないようです。

連帯債務の場合は、それぞれの意志表示が必要なるようです。


それじゃ〜同じ借金するにも連帯債務制度のほうが、実際に借金するにしても、かなり有利ではないかと思いますよね。ほんとにその通りなんですよね。


ところが、ほとんどの業者さんが連帯保証契約を優先するのは、結局一人一人の連帯債務者と個別の契約を交わす必要があるためのようです。


もしも連帯債務者が膨大な数でいた場合、膨大な時間と労力がいることになります。

関連ページ

連帯保証人を擁護する法律について
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
連帯保証人の保証責任期間
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
連帯保証人になるということ
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
連帯保証と連帯債務の現状
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
連帯債務の事例
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
単純保証(保証人)と連帯保証人の違い
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
債務者本人が破産宣告したら連帯保証人はどうなる?
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。