債務者本人が破産宣告したら連帯保証人はどうなる?

もしも連帯保証人を買って出た債務者本人が勝手に自己破産していたとしたら、連帯保証人は、どうなるのでしょうか?

債務者本人が自己破産しても、連帯保証人の返済義務はなくなりません。

場合によっては連鎖反応で一緒に仲良く自己破産なんていうこともありうるわけです。

"そんなばかな!"と訴えてもだめです。赤の他人の借金のために自分が自己破産するなんて、どう考えても納得できないのは当然ですよね?

なかにはそれを悪用して、わざと自己破産しておいて、自分は借金の債務をまぬがれておきながら全部連帯保証人に責任をおっかぶせて涼しい顔で過ごしている、なんて無責任な人もいるようです。

そうならないためにも、いったん連帯保証人になってしまったからには、債務者本人が自己破産に追い込まれぬように最大限の支援をしていくしかないのではないでしょうか?

これも納得いかないという人が多いと思います。が、連帯保証人は、単なる保証人に比べて法律的にも不利な面が多いため、これも共倒れを免れるための苦肉の策と思って、割り切るしかないですね。

自分たちだけですべて解決しなければと悲嘆にくれないでください。借金問題の解決策は何も自己破産だけではありません。

少なくとも司法書士や弁護士など、法律の専門家と言われる人たちは法律の豊富な知識とノウハウをたくさん持っている人たちですから、当然いろいろな逃げ道をも熟知しています。

もよりのオフィスを臆することなく訪れてみましょう。

が、一番いいのは、これは完全に自分の余力を超えていると感じた時点で、連帯保証人を断ることです。

関連ページ

連帯保証人を擁護する法律について
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
連帯保証人の保証責任期間
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
連帯保証人になるということ
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
連帯保証と連帯債務の現状
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
連帯債務の事例
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
連帯債務とは
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。
単純保証(保証人)と連帯保証人の違い
人生のすべてではないけれど、お金との戦いは生涯続きます。お金があるかないかはとても人生を左右します。稼ぎ出すことも重要ですし、ローンなどでお金を借りることも重要です、お金との戦いに負けないような、うまく付き合っていくような情報を発信します。