連帯保証人になって、トラブルが発生したら最後、ふんだり蹴ったりの悲惨な人生しかないのか、そんな印象さえ受けるほど、世の仕組みというより民法は、連帯保証人に対して冷酷な処理をするのだろうと感じることがしばしばでてきますね。あたかも善人をなじるかのような、問題だらけの法律をなぜ国は作ったのか?とさえ思います。さらに該当者を落ち込ませるような民法を一つあえてあげておきます。分別の利益という制度です。通常...

とにかく連帯保証人にだけはなるべきではありません。さらに依頼されても冷たいようですが断固断わるほうが相手への本当のやさしさである場合も多いのです。実はこの「連帯保証」制度は日本特有のものらしいですね。住宅や土地購入など不動産資産に関する借金のみならず、たまに在宅ワークを始めたいと申し込んだ時にも、この連帯保証という制度が出てくることがあります。指導教材を購入する際に、会社が連帯保証をするという名目...

賃貸アパート、もしくはマンションを新規で借りるというとき、業者さんから「連帯保証人を一人つけてください」と言われることが多いと思います。さらに土地を購入するとか、物件を購入するという時にも「連帯保証人」は絶対必要ですよね?こういう風に考えていくと、私たちの生活の中に「連帯保証人」もしくは「連帯保証」という制度は深くかかわっていることになります。かつては、消費者ローンを借り入れるという時にも、やはり...

連帯保証について様々なケースから見てきてお分かりだと思いますが、まったくなんら法的な養護も権利も与えられず、ただ庶民のくらしをおびやかすだけの悪法です。なぜこんなくだらない制度ができたのか、いつから存在するのか、まったく理解に苦しむところです。しかも日本固有の考え方であって、諸外国には存在しないと聞かされては、なおのことさっさと撤廃してしまえばいいのにと思いますよね。政府の中でも、この問題に気付い...

連帯債務と聞いてもピンとこないとい言う人は大勢いるでしょう。何せ普段なじみがない言葉ですから。今は消費者ローンにせよ、保険にしろ、連帯保証人事態必要ないという体制が一般的ですからね。まだアパートを借りる、あるいは土地を購入するといった不動産関係の取引には生きているようですけれどね。そういう時でも「連帯債務」という単語はほとんど目にすることがありません。ですから、イメージがわかなくて当然ですよね。

連帯債務という言葉を聞いたことはあるでしょうか?これも借金に関連した法律用語です。言葉のニュアンスから、なんとなく想像がつくと思います。借金をした場合の実際の借りた主をいうようです。しかも一人だけではありません。同じ契約内容に対して、複数の人間が同等の義務を負うのです。借金の分割という意味ではありません。たとえば、1000万円の借金をしたとします。10人の人間が連帯債務を負ったとして、1000万円...

保証といった場合は、ほとんどのケースが連帯保証の契約がされますが、単純保証=保証人というものも存在します。民法でいうところの債権者、すなわち貸主は、自分が不利になるので、単純保障は望まない場合がほとんどではありますが。保証する人のがわからすれば、はるかに気がらくな、いわいる連帯ではない、保証人ですが、債権者はまず、連帯保証を要求するのが普通です。連帯保証人は、借りた本人と同等の義務が生じますので、...

もしも連帯保証人を買って出た債務者本人が勝手に自己破産していたとしたら、連帯保証人は、どうなるのでしょうか?債務者本人が自己破産しても、連帯保証人の返済義務はなくなりません。場合によっては連鎖反応で一緒に仲良く自己破産なんていうこともありうるわけです。"そんなばかな!"と訴えてもだめです。赤の他人の借金のために自分が自己破産するなんて、どう考えても納得できないのは当然ですよね?なかにはそれを悪用し...